ipsコスメティックスを使う前に!紫外線防止効果SPF・PAと紫外線の波長UVB・UVAの知識

効果の高い化粧品紫外線防止効果のSPFと紫外線のUVBとは?

ipsコスメティックスのUVプロテクションクリームに表記されているSPFとは、「Sun Protection Factor」の略で、紫外線の中でもUVBを防止する効果を示す数値です。

そもそも紫外線(UV)とは、人間の目に見える光よりも波長が短い電磁波のことで、波長の長さによってA波・B波・C波の3種類に分けられます。

3種類の中で最も人体に悪影響なのは、一番波長が短い(100~280nm)のC波(UVC)です。
しかし、C波はオゾン層で吸収されて地表にはほとんど届かないため、普段の生活を送っている分には
C波による影響を受ける心配はありません。

C波に次いで人体に有害なのが、B波(UVB)です。B波は、波長が280~320nmの紫外線で、C波と同じく
大部分はオゾン層に吸収されてしまいますが、その一部は地表まで到達して人体に悪影響を及ぼします。

B波は、波長が短いため主に皮膚表面で吸収されて皮膚の奥深くまで到達することはありませんが、
B波を浴びると皮膚表面にいわゆる日焼けの症状が引き起こされることに加えて、シミやそばかすの
原因にもなるとされています。

uv対策

特に、夏場の晴れた日に長時間屋外にいると、サンバーンと呼ばれる
皮膚表面が赤くなってヒリヒリする炎症や、メラニン色素が沈着して
皮膚表面が褐色になるサンタンと呼ばれる症状に悩まされることになる
ため注意が必要です。

このように、紫外線の中でも波長が280~320nmのB波は、サンバーンや
サンタンと呼ばれる日焼けの症状を引き起こしたり、シミやそばかすの原因
となったりするのですが、このB波を防止する効果を示す数値がSPFです。

この数値は、日焼け止めを塗った状態と塗っていない状態を比べたときに、
何倍のB波に耐えられるのかを示しています。

例えば、この数値が「50」の日焼け止めを塗った場合、何も塗っていない状態の肌が日焼けを始めるB波の
50倍の量を浴びてから日焼けが始まるということです。

なお、この数値はB波の防止時間を表しているものではないため注意しましょう。
また、この数値の最高値は「50」となっていますが、それ以上に高い効果が認められたものについては
「50+」と表記されます。

ipsコスメティックスのUVプロテクションクリームは、この数値が「50+」となっています。

つまり、ipsコスメティックスのUVプロテクションクリームは、B波を防止する効果が非常に高い製品で、
使用することで日焼けやシミ・そばかすを抑制できるということです。

 

紫外線防止効果のPAと紫外線のUVAとは?

日焼け止めIPSコスメティックスのUVプロテクションクリームに表記されている
PAとは、「Protection Grade of UV-A」の略で、紫外線の中でも
A波(UVA)を防止する効果を表す数値です。

A波は、波長が320~400nmの紫外線で、地表に到達する紫外線の
約95%を占めています。

C波やB波と比べると人体への影響は少ないものの、照射量が多いことに
加えて、波長が長いため皮膚の奥深くまで到達しやすいという性質があるため、
A波による人体への影響は深刻です。

皮膚が浴びたA波のうち20~30%は、皮膚の奥にある真皮層にまで到達して、繊維芽細胞という細胞に
ダメージを与えます。

繊維芽細胞は、肌の弾力を保つ役割を果たしているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出している
細胞なので、A波を浴びて繊維芽細胞がダメージを受けると肌の弾力は失われ、シワやたるみといった肌の老化
が引き起こされます。

また、A波はメラニン色素の合成も促進させるため、多量のA波を浴びるとシミが目立つようになってしまいます。
このように、A波はシワやたるみ、シミの原因となる紫外線ですが、このA波を防止する効果を表しているのがPAです。

この数値は、素肌と比べてどの程度までのA波に耐えられるのかを表しており、「+」「++」「+++」「++++」と
いう4段階で表記されます。

「+」が増えるほどA波を防止する効果が高いことを示しているため、この数値も日焼け止め製品を選ぶ上で重要な
ポイントとなりますが、IPSコスメティックスのUVプロテクションクリームは、この数値に関しても最も効果が高い
「++++」となっています。

そのため、IPSコスメティックスのUVプロテクションクリームは、B波だけでなくA波を防止する効果が高い製品
ということです。

なお、紫外線をはじめとした太陽光を浴びることで引き起こされるシワやたるみ、シミなどの老化現象は、
光老化と呼ばれています。

肌の老化は、加齢によっても進行しますが、その大部分は光老化によるものと言われています。

光老化は、少しの紫外線を浴びるだけでも進行するため、若々しい肌を保つためには紫外線対策を欠かさない
ことが大切です。

ただし、紫外線は夏場の晴れた日に最も照射量が多くなりますが、季節や天候、時間を問わず常に降り注いで
いるため、紫外線対策は常に行うように心がけましょう。

また、紫外線の中でもA波は窓ガラスなども透過するため、室内にいても注意が必要です。